委員会運営方針

運営方針

 
ひとづくり・意識改革委員会運営方針
 ひとづくり意識改革委員会 委員長  西 隆寛
 
我々は「修練」「奉仕」「友情」を活動の基本とし「明るい豊かな社会」を築き上げることを目指し、失敗を恐れることなく常に挑戦し様々な運動を展開しております。その歩みを止めることなく更に発展性ある運動の展開には、未だ先の見えない情勢の中、次代に繋がる意識改革を促し、JAYCEEとして地域を担うリーダーを育成する必要があります。
そのためには、新入会員に稚内青年会議所の歴史とJC運動の必要性を伝え会員としての自覚を持っていただけるような新入会員オリエンテーションを開催します。そして基本を身につけ変革の起点と成りうる地域を担うリーダーを育成するために、JAYCEEにおける基本に改めて触れ、稚内の明るい未来を考え我々がどのような変革を起こすべきか話し合いメンバー同士の交流の場を設け、組織内の絆の深まりを図り、未来を見据えた運動の展開を目指す一助となる例会を開催します。さらに情熱と遣り甲斐のある組織を目指すために、メンバー一人ひとりの情熱と遣り甲斐の感覚を理解し合い、次代に向けたメンバーの意識改革を促すための例会を行います。さらにまちの発展に貢献するために地元の祭り「稚内みなと南極まつり」へ参加し、市民の笑顔を作り感謝を伝えます。また、子供の成長と地元稚内への「愛着心」を育むために稚内にはどんな仕事があり、そこで働く楽しさを伝え子供たちの夢を広げてあげられるような事業を地域の企業の皆様と連携し開催します。そしてメンバーの家族と地域へ感謝を伝えるために、年末家族パーティーを開催します。
自らが起点と成りうるリーダーを育成し、メンバーの意識を次代に向け改革し、子供たちの夢を広げ、家族と地域へ感謝を伝えることによって、メンバー全員が歩みを止めることなく邁進できるリーダーとなり、稚内青年会議所が稚内に更なる変革をもたらす組織になり、明るい豊かな稚内を築き上げることができると確信します。
 
    
<事業計画>
1.新入会員研修の企画・運営・検証(1月)
2.リーダーを育成するための会員研修の企画・運営・検証(4月例会)
3.稚内みなと南極まつりへの参加(8月)
4.意識改革を促すための例会の企画・運営・検証(9月例会)
5.年末家族パーティー(12月例会)
6.青少年育成事業の企画・運営・検証
 
 
 
Next machi creation委員会運営方針
 Next machi creation委員会 委員長  三浦 悠平
  
稚内青年会議所は「明るい豊かな社会」の実現のために挑戦すべく、持続可能なまちづくりをし、稚内の発展のために活動してきました。しかし、世の中の情勢が目まぐるしく変化する中、次代を見据え、まちを想い、青年会議所として何をすべきか、この先に何を残すかを考え、より新たな可能性に挑み様々な問題を解決し持続可能な稚内を創造する必要があります。
そのためには、我々と関係諸団体が協力し冬季事業を開催します。雪や寒さが厳しい稚内の冬において、毎年地域の人たちに楽しんでいただいている雪まつりに「新しい生活様式」を考慮し、新たな発想を取り入れながら作り上げることで達成感を得て、会員同士の結束力を深め、笑顔溢れる雪まつりを作り上げます。そして稚内の夏祭り「北門神社例大祭」に参画します。同志と共に神輿を担ぎ稚内を練り歩くことで、まちに活気をもたらし誇りを胸に郷土愛を育みます。また、本年は石垣市との友好都市締結35周年を迎えます。記念すべきこの年に今後両市が益々の発展をするために、八重山青年会議所並びに石垣市と情報交換を行い、それぞれの問題、地域に求められているものをピックアップします。そこで出た課題を各地域の皆様と共に考えます。そこで頂いた声を、我々青年会議所が主体となり、距離を越えた人と人が繋がるお互いの市民目線のまちづくりになる地域活性事業を行い、両市を盛り上げます。そして家族に日頃の感謝を伝えもてなし、メンバーや家族同士のコミュニケーションを図ることで絆をより強固なものにし、事業・例会の活力を見出せる野遊会を開催します。
我々は現状を理解し、受け止め様々な問題を解決するために市民と共にまちづくりに尽力する事で、笑顔が溢れ、誇りを持ち、地元を想う気持ちを胸に、活気がある次代の稚内へ繋がると確信します。
 
<事業計画>
1.冬季事業の企画・運営・検証(2月例会)
2.市民と共に考える地域活性へと繋げる例会(6月例会)
3.北門神社例大祭の参画・参加(7月例会)
4.地域活性事業の企画・運営・検証
5.野遊会の企画・運営
 
 
 
総務会員拡大委員会運営方針
 総務会員拡大委員会 委員長  竹井 直紘
 
 稚内青年会議所はこれまで長きに亘り、「明るい豊かな社会」の実現へ向け様々な運動を展開してきました。昨今、世の中の情勢は激しく変化しており、時代に即した変革がまさに今進められています。このような状況下において、稚内青年会議所が紡いできた歴史、実績から成る成果を活かし、時代に即した活動をするためにもLOMの運営をより円滑に行うと共に運動、活動を多くの方々へ発信することが必要です。
 そのためには、事務局と連携を図り総会や理事会等の各種資料の取りまとめ、各事業の記録・保存・管理を徹底すると共に、各種会議が円滑に進められるよう準備・設営・庶務管理を行います。そして、今年度の基本方針と組織体制を多くの方々にご理解いただき、
稚内青年会議所シニアクラブの皆様との親睦を深められる新年交礼会、さらなる協力体制を築き上げ、より一層の親睦を深められる創立記念日例会を行います。さらに、長年愛されてきました機関誌オーロラを、より読みやすく工夫し発刊いたします。また、会員拡大の意義を一度考え、まちの発展や地域を担うリーダーとして情熱を持つよう意識改革することで会員拡大に繋げるための例会を行います。さらに、意識改革したうえで身近な人や企業だけではなく稚内に住む青年個人にも目を向け、我々の情熱に賛同してくれる次代を共に歩む仲間を作ることで会員数30名を目指します。そして、卒業生へ感謝を伝え、想いを受け止めることで、メンバーがよりJC活動に邁進するために卒業生を送る会を行います。さらに、情報発信をするうえでホームページやフェイスブック等の更新を適時に行うと共に、様々なツールの効果的な発信の在り方を模索し、閲覧回数等を含め分析することでより一層多くの方々に認知していただける広報活動を行います。
 当委員会が時代に即したLOM運営を円滑に行うことで世の中の変革にも対応でき、メンバーの意識改革から情熱を持った活動、運動を展開し発信することで「明るい豊かな社会」の実現に繋がると確信します。
 
<事業計画>
1.総会と総会資料の準備・運営
2.新年交礼会の企画・運営・検証
3.会員拡大に繋げるための例会
4.シニアとの連携による創立記念日例会の企画・運営・検証
5.会員拡大のための例会
6.卒業生を送る会の企画・運営・検証
7.理事会上程議案と関連書類及び資料の取りまとめ
8.事務局との連携と各事業等の記録及び書類・情報の管理
9.機関誌オーロラの企画・発刊・検証
10.JC手帳及び名刺の作成
11.専務理事の補佐
12.基本資料の作成と登記
13.理事会の準備・設営・庶務管理
14.コムネット掲示板の運営・管理
15.ホームページの更新、フェイスブック等の管理を含める広報活動
16.オールメンバーメーリングリスト、理事者メーリングリストの管理・運営